CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
存外何とかなるもので・・・・
ニート街道まっしぐらな感がしてきました。管理人です。
就職活動の年ということで若干の負荷が常時かかった状態です。何というかPCで常時ゲーム起動したような状態とでもいいましょうか。かかり過ぎると悪いので一旦スイッチ切ったほうがいいんでしょうかね。再起動の保障は全然ありませんよ ええ。

最近のてれびー 
ギアス終わって毎週何を楽しみに生きればいいんだと思っていたら存外何とかなるものです。昨日はモクスペとアンビリーバボーがネタ被りすぎててどうしたもんかと思いましたが、一日に二局でラブカとか爬虫類とか全国は知らないけど凄いな愛知。

らき☆すた 
危うく録画しないところだった。コレはコレでいいんじゃないかな。原作貸してくれてた先輩ゴメンナサイ読んでなくて、、、アニメ・・・面白かったです_| ̄|○
DARKER THAN BLACK 黒の契約者
ギアスの後番ということできっちり見させていただいてます。二話まで見た感じダークなノリで引き込まれそうです。あの人がドールだったなんて・・・
他は大体ノーチェックですが・・若干オシが弱いというかなんというか・・ハヤテは二話目見てないのでノーコメントとしておきましょうか。若本ぉー
鋼鉄三国志は今のところ私にはパンチ不足のようです。一騎当千 同じ三国志からネタ拾ってても方向性全然違う作品。ゆえに見所も全く違いますね。何処を見るかは視聴者に任せます。ポリフォニカは何か制作陣が四苦八苦してるような気がしないでもありません。他に記憶に残る作品があるかな・・?

次回載る時は兵器復活のよていー ぁ、リセットボタンみっけ
| りある生活 | 04:34 | comments(10) | trackbacks(188) |
式典は・・・・日本は・・・・・どうなったかしら・・・
 コードギアスがレギュラー放送終了しました。スゴク気になる展開でそのまま終了と相成りました。先週見れなかったので録画してたのを直前に見たんですが、それがいけなかったようです。心臓に悪かった。
 期待が大きければ大きいほど裏切られたと知った時のショックは大きく21話『学園祭宣言』のときのルルーシュもそうだったように怒りへと変化する。悲劇としか言えないギアスの発動、虐殺、暴動、ユフィの死、その直前理解しあえた二人の道は永遠に分かたれました。ギアスの発動という小さな悲劇は、虐殺という大きな悲劇に塗りつぶされ時代を揺り動かし、第三皇女の名は平和を望んだ彼女ではなく、虐殺を指示した冷酷な皇女として歴史に名を残すことでしょう。歴史の表舞台が虐殺ならばギアスの発動は間違いなく裏舞台なのですから、何故そうなったかは容易に無視され、結果のみが重要視される。それが歴史であり、時代であり、世論であり、人なのです。


傍観者としての視点を得られた我々は真実の断片を知ることができました。
 夏に放送される24話25話を待ちましょう。
| - | 04:14 | comments(0) | trackbacks(8) |
忘れるな!!我々の敵は目の前のレポートだ!!
というわけでガンバリマス・・・予想提出期限まであと11時間34分52秒
| りある生活 | 04:57 | comments(0) | trackbacks(4) |
私が騎士とするのはあそこにいるお方 柩木スザク准尉です
 17話 「騎 士」視聴完了〜 激しくネタバラシ
 それがイヤならBIGLOBEストリームで配信される第17話を全力でチェックだ!!
 (投稿時 16話配信中ですが)









 
 どうも。管理人は兵器関連どうしたんだと言われたらどうもしてない。管理人です。
 前回のとは一転、二人の関係が明確な敵対関係(元々そうですが)に変化しました。今のところは一方的にですね。シャーリーのとこにも不穏な動き(というか以前の残滓)が発生。久方ぶりにナイトメア戦闘メインの話でしたが話が濃密なのはいつものことですね。
 気になったんですが、黒の騎士団の青髪姉さんの声変わってたんだけど・・・・キャラ違うんだろうか・・・
 来週は総集編だぁ〜
| - | 17:06 | comments(1) | trackbacks(2) |
●●●● にすると汚職が0になる
 どうも、コードギアスが二回連続だった管理人です。今回こんなネタを選んだ理由は先日私の下宿先のある愛知県で愛知県知事選挙が行われたからです。住民票移してない静岡県民なので投票自体は行っていませんけどね。結果はもう皆さんご存知の通り、自公推薦の現職与党の神田真秋氏の勝利に終わりました。一方同じ日に行われた北九州地方選では民社国の野党側新人の北橋健治氏の当選。与野党共に一勝一敗というところですね。
 さて、本当なら政治の話ましてや地方の選挙の結果なんて殆どの人が気にしていないでしょう。そんなことはない!という人も居るかもしれませんが今までの地方選の中で2週間後に結果聞かれて答えられる方居ますか?候補者全員は無理だとしても当選した方フルネームで。私は無理です。
 そんな中で今回の選挙はまさに全国の注目が集められる事となりました。どうしてかと言われれば柳沢厚生労働相の「女性は子供を生む機械」発言が連日マスコミに報道され、その進退がこの二つの選挙の結果で決まるということで大きく取り上げられたからです。朝昼晩の視聴者がテレビに触れるだろう時間に必ず流れてますから知らない人はいないでしょう。発言の内容に関して言えば褒められたものではないことは確かでしょう。女性の方からすれば反感をもつのも当然です。
 ただ、思い出していただきたい。もうすっかりマスコミの報道では見なくなっている件なのですが先月末柳沢発言が起こる前まで民主党も政治とカネを巡る問題で大揺れになっていました。新聞各欄まで見れば載っているかもしれませんが、テレビでは見かけることがまずありません。最早無いも同然の空気といって過言でもないでしょう。柳沢大臣に大きく詰め寄っていた「疑惑の総合商社」で詰め寄って有名なあの人も一時期マスコミからカネを巡る動きで叩かれていたと思うんですが記憶違いなんでしょうか?それにしても前と全く変わってないですねあの人。民主党には政党助成金つまり税金も多数流れてると思うんですがそんな中で不透明な流れがあるのを放置して発言問題を極度に報道するマスコミはどうなんでしょう。 事実を報道していてもバランスを欠いたら捏造・隠蔽に限りなく近づいているんじゃないですか。 
実際捏造してましたね。失礼しました。

タイトルの答えは続きで
続きを読む >>
| りある生活 | 10:24 | comments(0) | trackbacks(10) |
はなせよ この父親殺しがぁ!!
 黙れってギアスかけられたけどブログなら合法だよねぇ。
 詰めが甘いなぁ。ルルは。
 あぁ、そうそうこれは16話「囚われのナナリー」まで見た人前提だからねぇ
 ネタバレが嫌な人はまだ見ないほうがいいよぉ?













 どうも、最近悪ノリが過ぎる管理人です。何はともあれ、第16話「囚われ の ナナリー」視聴完了しました。書きながら二度目視聴中〜いやぁ今回の回はまた楽しいねぇ。
関係者ほぼ全員が出てきてだいぶ予想外の動きしてくれましたしね。
 しかし、柩木首相のあたりは何となく予想できたことでもありましたね。ナリタ攻防戦最中の反応と徹底抗戦を唱えたはずの首相の突然の自決。ピースは前回でほぼ揃っていた。その時何が起こり、何が行われたかは未だハッキリした事はわかりませんが、キョウトのメンバーの中にその時の情報を持っている人物がいるのは確実でしょうから後の展開に期待。藤堂の行方に関しては、前回で捕縛されかけてたようですが、捕まってたらまず情報網にひっかかるでしょう。次回予告では元気そうなのが見えましたし、きっと次回ではとびきり元気な姿が見られると思います。日本刀らしきものを装備したナイトメアも登場するようですし見られると思いたい。
 にしても、会長の見合い相手が・・・ねぇ。あれは後からぶん殴られたんじゃないかな。扇さんは戸締り&セキュリティ物凄いし、ヴィレッタはセーターだけで料理作ってるし、もう楽しい事この上ないですね。コーネリアとユーフェミアだってイチャつく始末ですからね。
 ただ、見えてきたことといえば、皇室内部の兄弟仲はそんなに悪いものじゃなかったんじゃないかなと言う事か。前回あたりもそうですが、ナナリーがシュナイゼルの名前を出していましたし、今回の二人の話だけみると庶民出身ということで何かしら不評を買っていたとも思うんですが、ルルーシュ達の母親の受けも決して悪くなかったようですね。暗殺の黒幕は誰なのか。むしろクロヴィスがなぜコーネリアとシュナイゼルが知っているという情報を持っていたのかも気になるところです。
 さてさて、約4話ほど登場し続けたマオも今回でお役ゴメンとなることでしょう。前回で終わったとばかり思ってましたが、奇跡の復活。遣り残したことがあるとやっぱりしぶといですね。流石に今回以降でたら不死身のギアスか何か持ってるんじゃないかと疑います。CCの不死身さも気になるけどまさか・・・ねぇ?w

 さぁ、視聴3回目も見終わりました。 
youtubeだとコードギアス系動画が氾濫してますね。
特にOPの曲差し替え物が多数。そんなに不評ですか。解読不能
そんな中で出来がいいというか気に入ったもので紹介しておきます。リズムと映像のあわせ方が秀逸だと思う。
こちらです
続きはDVD見た人向けで続くよ。
続きを読む >>
| りある生活 | 05:00 | comments(2) | trackbacks(4) |
よく聞けえぇぇポリスどもぉおお
ばきゅーんばきゅーん













管理人はお亡くなりになりました  合唱


おおお、まだ遣り残したことがぁぁぁぁ。
気を取り直しまして。
皆さんこんにちわ あけましておめでとうございます。今年もヨロシクお願いします。
中国から帰ってきたら日本無くなってAREA11って言われてるんですね?
ビックリしましたよ〜。でちょっとはしゃいだら↑みたいなことに・・。

 ハイハイ。気を取り直しましょう。上で盛り上がった通りコードギアスが自分内で大ブームです。もうこんな感じで↓
コードギアス第一巻買ってしまった。お金ないのに。
_| ̄|○
最初は全くのノーマークで第一話に望んだんですが、初見で「コイツァヤベェ」と思った次第でして、もう各話平均3回くらい見てます。
内容は至ってシンプル? 
主人公:極悪人(体制的に
親友兼ライバル:ヒーロー(体制的に) 

そして、人がバッタバッタと死んでいきます。第一話なんか虐殺シーンありましたしね。そのやられる側は植民地化され名前も変えられた日本人イレヴン。
でも一方的にやられるだけかと思ったらそうでもない、レジスタンス組んだり、旧軍(自衛隊?)の残党勢力がゲリラ戦を展開していたりします。現実世界でも似たような話は聞きますね。
相手が超大国で強力な軍事力を背景に攻め入り、そこに傀儡政権を樹立するっていうのはついこの前のどこぞの戦争を思い出しますが(事実それを髣髴とさせる描写もありました)それをまんま日本に持ち込んだというのが根底にある流れです。
相手は超大国、軍も強力、対してレジスタンスにあるのは若干の携行火器と払い下げの旧式ナイトメア(人型兵器)それも一台だけで不良品ともなれば、正面きって戦えるわけがない。できるのは・・・そう、今言うところのテロ活動。民族自決とかそういうのが絡んだテロは根が深いので根絶するのはほぼ無理だと思われます(今の世界情勢考えるとそうとしか思えない)が、この際その話は別にしときましょう。
 そんなレジスタンスと軍の争いに主人公ルルーシュが巻き込まれたところから物語は動き出すのです。



 本日分 ↑のセリフが出る回まで視聴してて気づいた点をば(視聴後スグに書いて置けばよかったんですが)今ココで書いときます。{車両兵器編}
第3話 バトレー将軍がCC関連の研究施設でナリタ移設を話しているシーンでCCらしき人物の写った写真がチラッと移りますが、背景に写りこんでいたのは世界最初の戦車 菱形戦車と複葉機と思われるので第一次世界大戦期の写真ではないかと。今となってはかなり重要度も低く作中で触れてないので勝手な予想ですが(第二次大戦が起こったかも微妙なところです。位置からしたら日本と戦ったのはあの国ですし、そうなったらまず間違いなく戦後は植民地。そう考えると日本の軍組織の残党である日本解放戦線が何となく旧日本軍的なのも納得できるのですがコレも勝手な予想)CCについてはまだまだ謎が深まりそうですね。
で、二つ目コーネリアが総督についた後各地の抵抗勢力拠点を潰す描写があったのですがその中に移っていた砲台の形が旧ドイツ軍の対空戦車ヴィルヴェルヴィントにそっくりだった事、モデルにでもしたんでしょうね。ちなみに本物は機銃4門なんですが作中では砲弾発射してました。
最後に第三話での写真をば張っておきます。
機会があったらまた何か書きますので今回はこのあたりで失礼します。

コードギアス第三話画像悪いですがCCの髪の辺りに複葉機の形が見えるでしょうか。
で後ろのはっきり見えるのが今まさに塹壕を乗り越えんとする菱形戦車。
よく見たら塹壕に居る何人かの兵士も見られますね。 
| りある生活 | 03:20 | comments(0) | trackbacks(13) |
北京行き寸前にて。
ぇー、今日9時45分の便で北京へ旅立ちます。

集合早いよ!7時45分空港集合ってなんだよ!寝させない気か!
というか大方の予想通り寝てない。

不安も多いけど、きっとなんとかなるよねぇ・・・・。
でも、飛行機事故だけは勘弁な。そんなんだと死んでも死にきれん。
思い残したこと。



















やまほどありすぎです。

というか実際にどうかなったら喰いつかれそうだ。
| - | 03:42 | comments(2) | trackbacks(5) |
この戦争で死んだ若い連中があと30年生きていたら、色んなことをしたんだろうなぁ。
男たちの大和DVD「男たちの大和」DVDが発売になったので特別限定版で購入しました。見たのは6日の0時ごろですが、劇場で見たので内容は大体分かってました。ここで何度も第二次大戦の兵器について書いてきましたが、おそらく大和を知らない人間は居ないだろうと思います。しかし、大和が沈んだ頃の戦況がいかに悲惨な状況だったかはさして多くないとは思います。そもそも、大和は結局一度も役には立たず、無駄な存在だったという批判もあちこちで見受けられます。無駄だったと言われれば確かにそうかもしれません。実際に海軍内でも実戦に参加しない大和、武蔵をその内装の充実から大和ホテル、武蔵旅館と揶揄していました。しかし、開戦前の世界の主流は大艦巨砲であり、それは米英でも同じことでしたし、航空機優位というのは大戦期の教訓として得られたわけで、これだけで大和を批判するのは事の本質を見ていない論理です。大和もこれらの教訓から対空兵装が強化され、それに伴い人員が増加します。この「男たちの大和」ではその中の海軍特別年少兵の生き残りの話を主軸として扱っています。防御区画が優れているといっても、艦の外側で機銃を動かす兵にとっては足の下ことで全く意味はありません。作品中で彼らは、敵機の機銃掃射、爆撃に晒され次々と斃れていきます。しかし、彼らは何のために大和に乗り、何のために戦ったか。これは大和に限ったことではありません。当時、日本が置かれた状況がどのようなものだったのか。考えさせられる映画です。 


 
 テスト期間、レポート期間の山を越え、いよいよ夏休みです。今年は実習で海を渡らなければならないので大変なことになりそうです。
      「私は日本を飛び出す!!(4日間ほど)」
 何事も無ければ9月に北京です。靖国とかで何事も無ければ。私は参拝については行けばいいじゃないという視点なのでこれで何か起こっても気にはしません。ただ、実習の穴埋めで何かしろと言われたらちょっとどうだろうと思うかもしれませんが、行っちゃってください。
 夏休み前最後の金曜日ということで先日、最早金曜恒例となりつつあるうちでの飲み会?が行われました。一年生がうちにきた。初めての子達が。気がついたら女の子だけで7人で男が4人。何だろうこの状況。あまり話すことができなくてゴメンよ1年生。あと暑くてゴメン。
 で、何が行われたかというと、
『同人誌全部見られました』 (データは除く)
 ちょっと死にたくなった。けど前から知られてる(ぇ)ことだし、気にせず行こう。うん、気に・・せずね。ポジションは確立したような気がするけど確実に何かが崩れ去ったと思う。(そこ、笑っていいぞ)
 

 以下は大和関連の続きです〜
 
続きを読む >>
| りある生活 | 01:08 | comments(1) | trackbacks(0) |
イーグル20、フォックス2!!・・・故障だ
ドイツ第三帝国軍兵器:V2号さてさて、今回も行きますよー。時期が時期だけにこんなものを出すのもどうかと思いましたが・・北の人よ、それ飛ばしたら首も飛ぶぞ。というわけで今話題の弾道ミサイルの元祖とも言うべきV2号の登場であります。パチパチパチパチ 時は1940年代世界を包む戦争の最中生まれたこの兵器は、かの有名なアポロ計画にも携わったフォンブラウン博士らによって生み出されました。大気圏外からマッハ4のスピードで落下してくるこの兵器を迎撃することは当時の技術からすればほぼ不可能で、60年たった今も弾道ミサイルに対する有効な防衛策というものは確立されておりません。しかし、当時の技術的な限界により命中精度が悪かったことなどから戦局を挽回するには至らず、結局ドイツは1945年に敗戦を迎えます。その後これらドイツのロケット技術者らはソ連・アメリカなどに渡り、冷戦期の宇宙開発競争へと身を投じていくこととなります。出自は兵器というものでありながら、この存在なくして現在の宇宙開発はありえなかったとも言えるV2号。復讐兵器と呼ばれたその兵器の以前の呼び名はA-4ロケットでした。 






 更新遅れてます。申し訳ありません。兵器薀蓄垂れ流すだけでブログ終わらせるのもなんなので色々書きたいDEATH。
 最近図解シリーズなどの本を良く買います。あと漫画も少々、というわけで時間が足りないわけで・・・。
 最近入手した本
「明治あやかし討伐伝 九十九眠るしずめ」 高田裕三
「図解 吸血鬼」
「図解 錬金術」
「図解 ハンドウェポン」
「いぬみみ」 中島零
「ああ探偵事務所10」関崎俊三
「面白いほどよくわかる クラウゼヴィッツの戦争論」

 何がしたいんだ私は・・・・著者が書いてあるのが漫画です。「しずめ」と「ああ探」は面白いから皆読むといいよ。他の本は・・素人にはおススメできない。
 

ちなみに下の続きは大分前に書いたのが残ってたので
続きを読む >>
| りある生活 | 01:23 | comments(3) | trackbacks(1) |
| 1/4PAGES | >>