CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< このろくでもない すばらしき世界  | main | イーグル20、フォックス2!!・・・故障だ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
歩くのは一歩。進むのも一歩。何処に進むかは向き次第
WDL1飛行船フジカラー号恒久の空を翔る

名称これでいこうと思います。さぁ、記念すべき第一回は、方向性百八十プラス八十と百度回って飛行船です。皆さんこの飛行船をご覧になったことありませんか?私は幼稚園とかそれぐらいに何度か飛んでいるのを見た覚えがあります。二十世紀前半空の主役は飛行船が担っていました。大西洋、太平洋、アフリカ横断など様々な航路を大型飛行船が就航していました。代表的な飛行船開発者であるドイツのツェッペリン伯爵は、1900年に独力の開発で作り出した硬式飛行船の飛行に成功。ドイツ国内での民間航路を開設します。ツェッペリンの名はそのまま飛行船と同義語で呼ばれることとなりました。飛行機がまだまだ未熟な時代、空での大量の物資輸送は飛行船が担っていたのです。しかし、その時代も間もなく終わりを告げました。第一次大戦中においても飛行船は使用され、空襲などを行いましたが、飛行機の発達がそれらを無効化させるに至りました。大きく動きの遅い飛行船では高速の飛行機に対応が出来なかったのです。そして、飛行船を空の主役から引きずり下ろす事件が起こります。時は1937年5月6日ドイツ・アメリカ航路を飛行したヒンデンブルク号がアメリカ・レイクハースト着陸寸前に爆発・炎上し墜落しました。当時、飛行船を浮揚させるために水素ガスが使われたことからこのガスに引火して墜落したと考えられましたが、現在では外皮とそれに塗られた塗料が落雷による帯電などから発火・炎上したと言われている。どちらにせよ、この事件はラジオ中継・写真・映像など様々な媒体で大々的に報道されることなり、以後飛行船の信頼性は失墜し、大型飛行船による商業航路は幕を閉ざすこととなります。 


 朝起きたら枕もとの一式陸攻が墜落してました。機体バラバラ。長官!長官ー!!

 
私の周囲、ごく限られた範囲でスカッとゴルフ パンヤがブームです。既に2000円くらい突っ込んだとかナントカ。まぁパチンコとかよりはいいですよ。パチンコとかよりは。額も小規模だし何より趣旨が違いますから、で、何が言いたいかといいますと、届いていたんですよ。

パンヤからのメールマガジンが!!

既に2年ぐらい前にやったきりだったから存在すら忘れてた。届いてたんですね。2年間ずっと
 けどやらないと思います。時間もないですし、何よりあの頃やってた仲間とはやれないしお金もないしね。

今流行りの成分分析 調子に乗って作ってしまいました。出来は・・シロウトにはおススメできない。また今度作り直す必要ありそう。



終わりのクロニクル解析機(仮)






調子に乗って更にサークルの関係ありそうなのも作ってみた。作者の独断と偏見がたぶんにこめられた成分分析。やっても怒らないでね?なお、分析結果は作者は全く意図しておりませんのでご了承ください。




TJBS






床屋の穴 (筆者の筆舌しがたいイメージ)
「つまらねぇ映画だったな」
「あぁ、つまらねぇ映画だった」
「だけどよ。つまらねぇけどいい映画だったな」
「あぁ、いい映画だった。つまらねぇけどな」
「まったくだ。つまらねぇのにいい映画だった」
「けどよ、なんでつまらねぇのにいい映画なんだ?」
「俺ぁ、わかるぜ」
「なんでだ?」
「だってよ」
「それがいきるってことだからだろう」



どこかで見たことあるような気がしてならない。わからん。どこかで見たことあるはずなのに何処でみたのか。それとも全く見たこと無いのか。無意識に記憶の片隅に追いやったのか。いずれにせよ。わからない。
| りある生活 | 02:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:35 | - | - |
コメント
TJBSによるえふしぃの解析結果
えふしぃの75%は写真家と等価交換できます。
えふしぃの13%はお酒と等価交換できます。
えふしぃの5%はエヴァンゲリオンと等価交換できます。
えふしぃの4%は錬金術と等価交換できます。
えふしぃの3%はLCLと等価交換できます。

何だか意図が見られる結果だわ!!
| えふしぃ | 2006/05/24 2:15 AM |
いや、だからないですから。
| マオ | 2006/05/24 8:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hamu3952.jugem.jp/trackback/24
トラックバック